works|複合施設top


複合施設
自由が丘 デュ アオーネ
フクラス
かみす防災アリーナ
気仙沼内湾ウォーターフロント・迎(ムカエル)
気仙沼内湾ウォーターフロント・創(ウマレル,PIER7)
ironowa ba01+Ba Apartment
チチハル温泉施設
2015-
もりのみやキューズモールBASE
新宿東宝ビル
あべのハルカス
パルコ施設外観照明計画
珠海黄琴ビル+都市基本計画
宇波東部新城・金融中心
上海中信城
三里屯SOHO
2010-
材木座PJ基本計画
国映館PJ・基本計画
中国民生銀行
五角城外装PJ・基本計画
万達PJ
HK赤坂ビル
海泰国際大厦
b-town軽井沢
南大沢PJ
三里屯ラチス
N-PJ
海泰時代大厦インテリア
海泰時代大厦外観
b6(ビーロク)
上海パークプレイス
HK元町ビル
ザ・ヒルトンプラザ・イースト改装計画
天津カレイドスケープ
札幌パルコ外装計画
ザ・ヒルトンプラザ大阪ウェスト
RPGビル
2000-
テクモアミューズメント計画
etc
横琴地区再開発
中央ビル基本計画
西来古鎮地区全体計画
財満町PJ
財満町PJ


MAP  >>

List all projects  >>


かみす防災アリーナ

設計:清水建設
 


2019年 グッドデザイン賞
2019年 SDA賞諏訪光洋賞

広大な空間とヒューマンスケールとの関係を基本に立ち戻り、
どのように空間を認識させ迷わず回遊させるかを主題とした照明性能計画を進めた。
主観的空間(カニッツァの主観的輪郭を考慮)による空間認知の考えを採用し、
空間壁面の連続がどのように認識されるかを考慮し配灯した。
コミュニケーションコリドーでは約20m間隔で、
ファニチャに組み込んだ照明によって人が集う場のあかりをつくり、
大空間にリズムをつけ、歩きたくなる照明環境を形成することに成功した。


外構照明は建築とランドスケープの様相を可視化した。
特に建築から漏れるあかりはひとの気配を感じる照明を計画した。
防災施設として、常に安心できることに成功した。


家具に人が集まるあかりを設置し、
その連続で空間を把握、誘導できるようにした。
また、空間の境界である壁面、天井面は最低限の照明で
ライトアップした。


アリーナなど大空間では、極力小さなLEDを多数使用し
空間の特性である構造をより立体的に感じさせた。
共通部の廊下なのでは壁面の連続を認識できるように
壁面に照明器具を配置し、その連続性を活かした。




.


Page bak Page Top