works|都市計画

都市計画
進行中
上州富岡市街路周辺計画
新潟駅周辺整備計画-万代口(南口)
釜石市避難誘導環境整備計画
草薙駅周辺GD整備計画
新桐生駅前広場周辺整備計画
気仙沼市内湾地区周辺環境整備計画
気仙沼市内湾防潮堤整備計画
気仙沼市港湾公園整備計画
東伊豆町熱川温泉地区街路照明計画
2019
池袋グリーン大通り
     リノベーション1,2期

気仙沼駅前商店街(商和会)
     環境整備計画

草薙駅南口(県大・美術館口)広場
草薙駅北口(学園口)周辺整備計画
大塚駅北口周辺環境整備計画提案
新潟駅高架下バスターミナル
東伊豆町稲取地区街路等整備計画
甲府駅南口広場周辺整備
富山駅南口駅前広場関連整備
草薙駅コンコース南北自由通路
天王寺公園エントランスエリア“てんしば”
熱川防災公園
ウェルネスタウンみつけ照明環境基本方針計画
東伊豆町稲取地区街路照明計画
富山市八尾駅前商店街照明環境計画
いわき市久之浜グランドデザイン
     景観整備提案
釜石市大町広場計画

┗Up to 2015

MAP  >>

List all projects  >>


池袋グリーン大通りリニューアルⅠ、Ⅱ期(2020/東京)

照明環境計画:ぼんぼり

ランドスケープの計画に合わせた照明計画とした。
今までの路面平均照度の考え方から空間の境界を認識させる事で
歩行性能、安心感を確保している。
特に交差部では危険予測照明の考え方が採用された。
IKEBUKURO LIVING LOOP2017に参加し、
グリーン大通りの照明環境の照明社会実験を行い
ここから新たな街路照明環境を導いた。


整備前のグリーン大通り、周辺環境の状態

----------IKEBUKURO LIVING LOOP2021↓-----------


『IKEBUKURO LIVING LOOP2021』+#まちなかリビングのある日常(2021/東京)

ライティング:ぼんぼり

IKEBUKURO LIVING LOOP2021が実施された。
同時に、歩道空間の活用として「+#まちなかリビングのある日常」も同時開催された。
当初、一か月ほどの設置予定だったが、2023.01.31まで設置される。
今後のグリーン大通りの歩道空間をどのように活用するかの
社会実験を体験してください。

----------IKEBUKURO LIVING LOOP2020↓-----------



『IKEBUKURO LIVING LOOP2020』(2020/東京)

ライティング:東京都市大学小林研究室、ぼんぼり

新たなグリーン大通りでマルシェが行われた。
各店舗のあかりの集合と
東池袋公園とグリーン大通りの回遊性を高めるために
つなぎの道路ではライティングのインスタレーションを行った。

----------IKEBUKURO LIVING LOOP2019↓-----------


『IKEBUKURO LIVING LOOP2019』(2019/東京)

ライティング:ぼんぼり

一部(1期)の街路整備が終わった。

----------IKEBUKURO LIVING LOOP2018↓-----------


『IKEBUKURO LIVING LOOP2018』(2018/東京)

ライティング:ぼんぼり

整備に向けて、照明器具デザインの検証を行った。

----------IKEBUKURO LIVING LOOP2017↓-----------


『IKEBUKURO LIVING LOOP2017』(2017/東京)

ライティング:東京都市大学小林研究室、ぼんぼり

既存の街路照明を消灯して、マルシェを行った。
同時に照明社会実験として位置づけ、
様々な検証等を行い
関係者へプレゼンテーションした。

----------IKEBUKURO LIVING LOOP2016↓-----------


『IKEBUKURO LIVING LOOP2016』(2016/東京)

2016年までのマルシェの風景
既存の街路照明が点灯したままの状態。





.


Page bak Page Top