works|住宅Top
集合住宅個人住宅

集合住宅
2011
板橋3丁目PJ
2010
板橋PJ
2009
SH2幕張
パークハウスつくば研究学園
北京バンプス
2008
K-PJ
済南ストライプス
由比ヶ浜のコーボラティブハウス
北京バンプス・モデルハウス
サーパスS
I-linkタウンいちかわザタワーズイースト
   UR賃貸住宅

奥沢PJ
月光町PJ
2007
勝鬨橋アイランドゲードウェイ
   モニュメント
相模大野7丁目PJ/基本計画
2006
伴山人家-天津ハウジングPJ
-2005
T-PJ外構計画
建外SOHO園林
M-PJ
G-PJ
シティータワー高輪
サーパスKo
サーパスH
サーパスTu
スペースブロックハノイモデル
J寮
Y-PJ
F-PJ
方南町L
TW-PJ
川口武田ビル
-2000
Go-PJ
ミュージション川越
パシフィックガーデン茅ヶ崎
国領住宅計画・ランドスケープ
スマート南青山
府中30/高層集合住宅計画


個人住宅  ▶

MAP  >>

List all projects  >>

pj_photo

川口武田ビル(2001/埼玉)

設計:高安重一
メディア:新建築0104

共有部の照明計画は人が歩行する上でデットスペースとなっている柱下部に床置照明を設置した。コンクリート打放の天井部にいっさい照明器具が出てこないこともより、空間の迫力を最大限に感じられる。 専有部内の照明は空間全体を光で満たす最短の手法として壁付の拡散型ブラケットを採用した。また、天井部にはグリッド上にアンカーが埋め込まれていて、好きな所にペンダントをぶら下げられるようにしている。実際、住民はこのアンカーに思い思いのボルトを付け、照明や収納など活用している。 最上階のエレベーターホールからの眺めは絶品である。天井にはパイプ吊の特注ペンダントがぶら下がっている。 住居は中央部の吹き抜け部で向かい合わせになっているが、窓の外の壁面にプロジェクターを投影できるようになっている。 最上階の居室は腰上がガラスになっておいて、全体が見通せる。 よって照明は腰下部に拡散型の器具を配置し、全体が明るく見えるようにした。 しかし、テーブルなどは機能的にノングレアタイプのダウンライトを使用している。

Page Top Page bak