works|医療福祉/教育施設Top
医療福祉施設教育施設

教育施設
進行中
グローバルキッズ2017年度PJ
2016
グローバルキッズ飯田橋園,こども園
どろんこ保育園
うきは幸輪保育園
松島わんぱくすまいる保育園
グローバルキッズ2016年度PJ
2015-
ふじようちえんキッズテラス
グローバルキッズ武蔵境園
たかね第二保育園
グローバルキッズ2015年度PJ
かなや幼稚園
東光保育園
グローバルキッズ2014年度PJ
東京経済大学図書館
茅ヶ崎シオン・キリスト教会・聖鳩幼稚園
グローバルキッズ2013年度PJ
南三陸・あさひ幼稚園
山元町ふじ幼稚園
天津ループ
グローバルキッズ2012年度PJ
Ring Around a Tree
上海ラビリンス
2010-
KSD中高学校基本計画
北京フィレット
江田幼稚園
グローバルキッズ上板橋
グローバルキッズ日吉
「ひなた保育園」アンフィニ託児所
アソカ幼稚園
りすのき保育園
天津ジグザグ
東京大学駒場むくのき保育園
ふじようちえん
三島進学ゼミナール香貫校ホール
専門学校ビジョナリーアーツ東京校
すぐり保育園
太田市沢野中央小学校
博多小学校
2000-
八王子実践中学・高等学校


医療福祉  ▶

MAP  >>

List all projects  >>

pj_photo

八王子実践中学・高等学校(1997/東京都)

設計:田辺恵一 + 田辺計画工房
メディア:新建築

この学校は大きく2棟に分かれた中学校と高等学校のコンプレックスの建物である。
2棟に分かれた建物は2F部分で渡り廊下によってつながれ、この階を共有部として、職員室、食堂、ロッカー室、図書室が配置され、各室はボーダレスでどこにいても各室の雰囲気を感じることができる。 照明計画上、各室における照度(機能照明)の設定が違っていて単純に照明器具を配置すると、ボーダレスな空間の連続でありながら、必然的に各室の領域を照明器具の見え方によって分離してしまうことになる。 そこで天井面に取り付く照明器具の配置パターンを方向性の無い配置を選択し、なおかつそれらが緩やかに干渉しあうことで領域を曖昧にしようとしている。 最終的には蛍光灯の配置は一方向に不規則に配置した。これは密度の低い場所(廊下など)では交互の配置が認識されなかった為である。また、施工予算上、器具はボックスを作り天井直付とした。

Page Top Page bak