works文化/公共施設Top文化・宗教
劇場・公共施設美術館・博物館

劇場・公共施設
進行中
上海フォレストパーク計画
上州富岡市外構計画
気仙沼南町公共公益施設
只見町役場
神栖アリーナ(仮)
矢吹町第一区自治会館
三条全天候型広場
十日町産業文化発信館いこて
天王寺公園エントランスエリア“てんしば”
まちなか交流広場ステージえんがわ
2015-
荒井駅舎内計画
氷見市漁業交流館 魚々座
釜石市大町広場
木津の庄「コミュニティーセンター」
多摩モノレール駅舎省エネ計画
桜木町駅前南口広場計画
2010-
港区立高輪子ども中高生プラザ基本計画
みやしたこうえん
MOOM Tensegritic Membrance Structure
国際交流基金長春ふれあいの場
体育中心施設計画プロポーザル
千歳市市民文化センターリニューアル基本計画
Q-AXシネマ
2005年日本国際博覧会トヨタグループ館
苓北町民ホール
2000-
ライブハウスSHIBUYA-AX
ベイステージ下田
太田市総合ふれあいセンター
大阪市水上消防署
横須賀市スポーツ施設計画


文化・宗教  ▶

美術館・博物館  ▶

MAP  >>

List all projects  >>

pj_photo

Q-AXシネマ(2005/東京都)

設計:浜野総合研究所、北山恒/architecture WORKSHOP
メディア:新建築

JCDデザイン賞

共有部はコンクリート打ち放しでそこにソケットの開口のみが表面に出ている照明器具を配置した。
コンクリートのマッシブな感じが表現された。

極力照明器具の存在を無くすことを目的としている。予めコンクリート打設時に配線と特注のジャンクションボックスを埋め込み、表面には最低限配線が行える開口を設け、開口部には後に電球のソケットが取り付けられるようにしている。コンクリートからは電球のみが出ているようになった。天井面に照明器具が見える通常の場合、天井が設備のためのスペースとして認識してしまい、天井のマッシブ感が無くなってしまう。照明器具自体を天井面に極めて入れ込むことによって、器具としての認識がされないことでコンクリート打ち放しの天井面の存在感であるマッシブ感が表現された。また光源が天井面より下方に位置していることから、光が天井面も照明し明るさ感も増幅している。

Page Top Page bak