works|複合施設top


複合施設
進行中
気仙沼内湾商業施設
大塚駅北口施設
東急プラザ跡地計画
横琴地区再開発
中央ビル基本計画
西来古鎮地区全体計画
財満町PJ
財満町PJ
----
かみす防災アリーナ
気仙沼内湾ウォーターフロント・迎(ムカエル)
気仙沼内湾ウォーターフロント・創(ウマレル,PIER7)
チチハル温泉施設
2015-
もりのみやキューズモールBASE
新宿東宝ビル
あべのハルカス
パルコ施設外観照明計画
珠海黄琴ビル+都市基本計画
宇波東部新城・金融中心
上海中信城
三里屯SOHO
2010-
材木座PJ基本計画
国映館PJ・基本計画
中国民生銀行
五角城外装PJ・基本計画
万達PJ
HK赤坂ビル
海泰国際大厦
b-town軽井沢
南大沢PJ
三里屯ラチス
N-PJ
海泰時代大厦インテリア
海泰時代大厦外観
b6(ビーロク)
上海パークプレイス
HK元町ビル
ザ・ヒルトンプラザ・イースト改装計画
天津カレイドスケープ
札幌パルコ外装計画
ザ・ヒルトンプラザ大阪ウェスト
RPGビル
2000-
テクモアミューズメント計画


MAP  >>

List all projects  >>

ウマレル

気仙沼市まち・ひと・しごと交流プラザ 創(ウマレル)

設計:RIA

2019グッドデザイン賞

東日本大震災で被災した気仙沼市の中心街・内湾地区では、
みなと文化を継承するため、復興まちづくり協議会(住民、産業人)が、
デザイナー・県・市との協働により、
防潮堤と一体型の海岸公園、スローシティ観光商業施設「ムカエル」、
まち・ひと・しごと交流プラザ「ウマレル」を整備し、
海とまちが連続した景観を創出した。

外部からは常に施設の賑わいが街に染み出すような
あかりの計画を全体的に行っている。

ウマレル

人の誘導効果を高める為の照明を
空間の特性に合わせて配置している。
人が滞在する施設を目指し、
ヒューマンスケールのあかりを随所に配置した。
1Fの駐車場では、奥の暗闇を無くし
街に対して開けたあかりを実現した。

ウマレル

内湾公園から

「東日本大震災被災地の気仙沼、あかりのまちづくり」
~道を照らす照明から道の周辺を照らす照明~

東京都市大学小林茂雄教授、角舘まさひで客員教授(ぼんぼり光環境計画代表)は東日本大震災支援として、あかりからのまちづくり、高台避難誘導照明環境整備の活動を、釜石市東部地区、岩手県陸前高田市、いわき市久ノ浜地区にて活動してきた。気仙沼市では内湾地区を中心に2014年から景観に配慮した高台避難誘導を促進する照明社会実験の実施と評価を行ってきた。また同時に内湾地区復興まちづくり協議会、阿部俊彦(早稲田大学都市・地域研究所)と連携し、2017年5月に市長に全体方針を説明し、県港湾、県都市計、市都市計、県警などと協議を進め、防潮堤、各公園、周辺道路、災害公営住宅、商業施設、公共施設など統一した夜の照明環境実施に向けて照明の提案、計画、実施を行っている。


〇内湾地区照明環境整備イメージ


■2015年に行われた照明社会実験

関連プロジェクト

気仙沼内湾ウォーターフロント・迎(ムカエル)


気仙沼駅前商店街(商和会)商店街灯リニューアル


>

Page Top Page bak