pj_photo

「浮かぶ熱帯」(1996/東京都)

設計:デジタルPBX
照明デザイン:角舘政英
協賛:松下電工株式会社
メディア:住宅特集9702

宇宙飛行士がこぼした水が無重力下では宙に漂う丸い玉になるように、回転を止めたスペースコロニーや宇宙貨物船のなかのような巨大な無重力空間では、森や花園が丸く玉のようにかたまり、漂いながら繁茂り花が咲き乱れているという。
(デジタルPBX)

光の計画はこの空間に影が出ないこと、そして日常的でない光をつくりたかった。照度の設定はコンビニエンスストアの倍を目指した。なおかつ光の方向が空間に対して等価に広がるため、影の無い、異質な空間ができあがった。光源は蛍光灯40W、昼光色を採用した。

1996年12月2日~14日ガレリア・グラフィカbis
全体計画:デジタルPBX
立体造形:井上高文(イノウエインダストリンズ)
フラワーアレンジメント:斉藤慶子(フラワーブティック花と花)

Page Top Page bak